« インド占星術=本田健著「あるユダヤ人大富豪の教え」から | トップページ | インド占星術=第四室(吉室)サティヤ・サイババさまから »

インド占星術=第三室(凶室)

 Photo  

第三室はお金を得るために働かなくてはなりません。勇気や度胸を表わし、その努力は妹弟の協力で得られて可能になるので、労働、トレーニング、勇気、努力、弟妹を意味します。もしラーフやケートゥ、土星、火星などの凶星があるとき、このハウスの凶室は吉に展示、強い意志をもって修行に向かうことを意味しています。またコミュニケーションのハウスで情報媒介、文筆、ダンス、や音楽の芸術表現(芸能人や音楽家は三室が強い)習い事、短距離の旅行、移住。仕事や場所を移動する。耳。も意味しています。

 私の三室は牡牛座で金星が支配しています。ハウスには惑星の在住もアスペクトもありません。支配星は六室に在住し、火星・水星・ケートゥとコンジャンクションしています。六室に金星が在住するのはゴミの山に宝石があるということで、よくない位置に在住しています。

|

« インド占星術=本田健著「あるユダヤ人大富豪の教え」から | トップページ | インド占星術=第四室(吉室)サティヤ・サイババさまから »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インド占星術=本田健著「あるユダヤ人大富豪の教え」から | トップページ | インド占星術=第四室(吉室)サティヤ・サイババさまから »