« 97歳の現在も活躍されておられる日野原重明医師 | トップページ | 日本の仏教は日本仏教だったの? »

心が折れたとき

 人は心が折れるような、苦悩がおきると、呆然自失とな

り、その心の隙に占い師や、新教宗教などへ逃避しよう

としがちになります。テレビはオセロの中島さんの話でも

ちきりですが、こういう話を耳にすると、心が痛みます。

 ブッタは苦しみを認識することにより、人が仏教の門に

入ることができるのだと、話されています。 がそれは、

人の心は外向きの世界に向いているが、苦しむことで

心は内向きの世界に向かうことのようなのです。ですが

より苦しく感じられるのは、それが突然起こるからでは

ないでしょうか。自分と向き合わない限り、問題を先送

りにしているだけで、乗り越えることはできないと、私は

実感したのです。離婚したことで、自分と向き合い、

自分をもっと知りたい、自分の運命を知りたいと強く思

い、宇宙の真理を探求し始めたのです。

|

« 97歳の現在も活躍されておられる日野原重明医師 | トップページ | 日本の仏教は日本仏教だったの? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 97歳の現在も活躍されておられる日野原重明医師 | トップページ | 日本の仏教は日本仏教だったの? »